[文書]テンプレートの無料ダウンロード: 請求書・領収書(一体型)(Excel版)

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

エクセル(Excel)やワード(Word)で作成したビジネス文書・手紙・はがき等の書式・様式・フォーマットです。書き方の雛形(ひな形)・見本・サンプルや例文・文例としてご利用ください。



請求書・領収書(一体型)(Excel版)

「請求書・領収書(一体型)(Excel版)」カテゴリのコンテンツ

エクセルで作成した表形式の領収書を兼ねた請求書の雛形があります。シンプルなものを集めていますが、件名の位置、サブタイトルの有無、ビジネス文書調などの違いにより各種のフォーマットがありますので、お好みや状況等により使い分けてください。


請求書・領収書(一体型)(Excel版)」カテゴリのコンテンツは以下のとおりです。全 7 ページあります。コンテンツ内の文書テンプレート(書き方・例文・文例と書式・様式・フォーマットのひな形)はすべて無料で簡単にダウンロードできます。

1.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)01(消費税あり)(シンプル)(サブタイトルあり)(件名が上のタイプ)(自動計算)(エクセル Excel)

本テンプレートはエクセルで作成した領収書を兼ねた請求書のフォーマットです。シンプルで実用的なデザイン・レイアウトです。様式性が強い定型的な文書(一般的なタイトルの文書)なので、件名(「請求書 兼 領収書」)を文書の一番上に持っていくとともに、請求件名を記載するためのサブタイトル部を設けているのが特色です。


2.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)02(消費税あり)(シンプル)(サブタイトルあり)(自動計算)(エクセル Excel)

本テンプレートはエクセルで作成した領収書を兼ねた請求書の様式です。A4サイズの縦向きです。シンプルなフォーマットながら、一般的に請求書に必要と思われる記載事項をきちんと網羅しています。金額・小計・消費税・合計を自動計算するタイプです。


3.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)03(消費税あり)(ビジネス文書調)(自動計算)(エクセル Excel)

本テンプレートは、エクセルで作成した領収書を兼ねた請求書の書式です。エクセルで作成していますが、ビジネス文書の基本書式に則っているとともに、請求件名を記載するためのサブタイトル部を設けているのが特色です。


4.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)04(消費税あり)(シンプル)(自動計算)(エクセル Excel)

本テンプレートはエクセルで作成したシンプルな領収書も兼ねた請求書の様式です。印刷しやすいようにA4サイズにしています。また、請求書のなかでももっとも重要な記載事項といえる宛名(顧客名)・請求金額が目立つようにした若干様式性の高いデザイン・レイアウトにしています。


5.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)05(消費税あり)(シンプル)(自動計算)(エクセル Excel)

本テンプレートはエクセルで作成したシンプルで実用的な、領収書を兼ねた請求書の様式です。A4サイズの縦向きです。金額・小計・消費税・合計は自動計算し、また、消費税率も簡単に変更できます。


6.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)06(消費税あり)(エクセル Excel)

エクセルで作成した請求書と領収書がワンセットになったフォーマットです。一度作成した請求書のタイトル部を領収書に替える(ドロップダウンリストで切り替えます)ことでそのまま領収書も発行することができます。消費税ありのタイプです。


7.

請求書(請求書兼領収書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) 見本・サンプル テンプレート(無料)07(消費税なし)(エクセル Excel)

エクセルで作成した請求書と領収書がワンセットになったフォーマットです。一度作成した請求書のタイトル部を領収書に替える(ドロップダウンリストで切り替えます)ことでそのまま領収書も発行することができます。消費税なしのタイプです。





関連コンテンツ



「請求書・領収書(一体型)(Excel版)」の位置づけ

現在のカテゴリ:「請求書・領収書(一体型)(Excel版)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー