推薦状(推薦文・推薦書)の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート02―就職活動(就活)で教授が学校の教え子を推薦する推薦文(ワード Word) - [文書]テンプレートの無料ダウンロード

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

エクセル(Excel)やワード(Word)で作成したビジネス文書・手紙・はがき等の書式・様式・フォーマットです。書き方の雛形(ひな形)・見本・サンプルや例文・文例としてご利用ください。

推薦状(推薦文・推薦書)の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート02―就職活動(就活)で教授が学校の教え子を推薦する推薦文(ワード Word)



就職活動における推薦書・推薦状の書き方・書式のサンプル・見本

就職活動で、会社から指導教授の推薦書(推薦状)をもらってくるようにと言われることがあります。

 

会社から用紙サイズや文字数その他の様式フォーマットの指定があれば(ないしは、専用用紙をもらえれば)、それに従えばいいのですが、普通はそういうものはないでしょう。

また、通常は、自分で推薦文を書いて(つまり、下書きをして)、それを指導教官などに推敲してもらうというパターンが多いでしょう。

そこで、どうやって推薦状を書いたらいいのか、その書き方が問題となります。

この点、推薦状の書き方に決まったルールがあるというわけではないのですが、基本的には次のような書式と内容を押さえておけば十分でしょう。

  1. 一種の「公文書」としての最低限の体裁(日付や宛名、標題・見出しなど)を備えていること
  2. 推薦者(教授)と推薦される本人(学生)との関係
  3. 推薦内容(学生の評価)
  4. 末文(本人を採用したら会社の役に立つ、といった内容など)
  5. 推薦者(教授)の署名

 

このうち、最大のポイントはもちろん「推薦内容(学生の評価)」の部分ですが、これは、学業、スポーツ、人物象(性格)の3つに分けて考えると、書きやすいかもしれません。

なお、前文(「拝啓 時下ますます…」)の部分は省略してもいいのではないかと思います。

 

文言・文章表現等を適宜修正してからご利用(参考)してください。

ダウンロード

 



| 現在のカテゴリ:推薦状(推薦文・推薦書) |

現在のカテゴリ:推薦状(推薦文・推薦書)

カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 3 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「推薦状(推薦文・推薦書)」内のコンテンツは以下のとおりです。

1. 推薦状(推薦文・推薦書)の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01―一般(ワード Word)
2. 推薦状(推薦文・推薦書)の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート02―就職活動(就活)で教授が学校の教え子を推薦する推薦文(ワード Word)
3. 推薦状(推薦文・推薦書)の依頼状の書き方・例文・文例 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01―就職活動(就活)(ワード Word)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:推薦状(推薦文・推薦書) の位置づけ

現在のカテゴリ:「推薦状(推薦文・推薦書)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー