注文書(注文状・発注書)の収入印紙の要否 - [文書]テンプレートの無料ダウンロード

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

エクセル(Excel)やワード(Word)で作成したビジネス文書・手紙・はがき等の書式・様式・フォーマットです。書き方の雛形(ひな形)・見本・サンプルや例文・文例としてご利用ください。

注文書(注文状・発注書)の収入印紙の要否



(" 印紙税―課税対象―課税文書―具体例―注文書(注文書の収入印紙の要否) "から複製)

注文書の収入印紙の要否

原則―収入印紙不要

契約書のうち、一定の契約書については、収入印紙が必要となる場合がある(後述)。

これに対して、注文書については、原則として、収入印紙は不要である。

けだし、一般に契約は申込みと承諾によって成立する(民法)ところ、注文書だけでは、単に申込みをしたにすぎず、まだ契約さえ成立していないからである(←相手方の承諾がまだない)。

例外―収入印紙必要

請負契約にかかる一定の注文書

しかし、印紙税法では、契約書は「契約の成立等を証すべき文書」と定義されていて、文書の標題が「契約書」となっているのかどうかは関係がないものとされている。

したがって、注文書であっても、「契約の成立等を証すべき文書」として契約書に該当する場合がある。

ただし、収入印紙が必要となる契約書は、不動産売買契約書・消費貸借契約書・運送契約書(第1号文書)、請負契約書(第2号文書)、合併契約書等(第5号文書)、継続的取引の基本となる契約(第7号文書)、代金を受領した旨の記載がある売買契約書(第17号文書)に限られる。

このうち、注文書に収入印紙が必要かどうかが問題となる契約は、一般的には請負契約である。

つまり、注文書であっても、請負に関する「契約の成立等を証すべき文書」に該当すれば、収入印紙が必要となる。

すなち、以下に該当する注文書には収入印紙が必要となる。

参考:印紙税法基本通達(第21条)

 

1.請負契約で見積書がある場合

請負契約については、見積書を先にもらっていて、その見積書に基づいて注文書(工事注文書)を出す場合は、これで契約が成立することになるので、その注文書は請負契約書(第2号文書)として収入印紙が必要となる。

 

2.請負契約の注文書に契約当事者双方の署名または押印があるもの

表題が注文書(工事注文書)となっていても、契約当事者双方の署名または押印があるものは、請負契約書(第2号文書)として収入印紙が必要となる。

申込書、注文書、依頼書等と表示された文書の取扱い|印紙税目次一覧|国税庁 https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/02/04.htm 




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「注文書(注文状・発注書)(Excel版)(表形式)」内のコンテンツは以下のとおりです。

1. 注文書(注文状・発注書)とは
2. 注文書(注文状・発注書)の収入印紙の要否
3. 注文書(注文状・発注書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(無料ダウンロード)01(表形式)(シンプル・実用的)(エクセル Excel)
4. 注文書(注文状・発注書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(無料ダウンロード)02(表形式)(シンプル・実用的)(件名が若干デザイン性あり)(エクセル Excel)
5. 注文書(注文状・発注書)の書き方 書式・様式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート(無料ダウンロード)03(表形式)(定例的な商品・製品の注文)(エクセル Excel)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「注文書(注文状・発注書)(Excel版)(表形式)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー