研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01(ビジネス文書形式)(ワード Word) - [文書]テンプレートの無料ダウンロード

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

エクセル(Excel)やワード(Word)で作成したビジネス文書・手紙・はがき等の書式・様式・フォーマットです。書き方の雛形(ひな形)・見本・サンプルや例文・文例としてご利用ください。

研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01(ビジネス文書形式)(ワード Word)



研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書の見本・サンプル

研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書

本テンプレートは、研修(セミナー・講習会等)報告書のフォーマットです。

ワードで作成した、シンプルで実用的なビジネス文書形式です。

研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) テンプレート02(表形式)(ワード Word)のビジネス文書形式版で、内容はまったく同じです。

したがって、構成・記載事項も同じで、以下のとおりです。

  1. 前付け
    1. 作成日付
    2. 宛名
    3. 所属・氏名
  2. 本文
    1. 件名
    2. 研修の概要
      1. 研修の日時
      2. 研修の場所
      3. テーマ
      4. 講師
      5. 研修の目的
    3. 報告事項
      1. 研修内容
      2. 所感
      3. 備考

本文の「1.研修の概要」の「5.研修の目的」では、そもそも研修の本来の目的は何であったのかを記載します。

そして、研修報告書の中心となるのは、「2.報告事項」の「1.研修内容」ですが、ここに研修内容の概要を箇条書きで記載していくというスタイルにしています。

また、添付資料などがあれば、「3.備考」欄に記載すればよいでしょう。

なお、件名はデフォルトでは「研修報告書」としていますが、ご使用になる状況に応じて「セミナー報告書」「講習会報告書」等に変更してください。

また、文書の宛名につきましては、直属上司宛にするのが一般的です。

以上、記載事項につきましては、実際にご使用になる状況に応じて、適宜、項目を削除・追加等してください。

ワードで作成しているので、項目の削除・追加やパソコンからの入力は比較的容易にできるかと思います。

また、各項目の記載スペースは改行キーや行間隔などにより調整してください。

その他、お好みによりフォントやフォントサイズ、ページ余白などを変更して、自分が使いやすいように調整してください。

では、研修(セミナー・講習会等)報告書の見本・サンプル・ひな形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。

無料ダウンロード(Office 2007~ ファイル形式)




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 5 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「研修・セミナー・講習会・見学・会議参加等の報告書・レポート―ビジネス文書形式」内のコンテンツは以下のとおりです。

1. 研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01(ビジネス文書形式)(ワード Word)
2. 研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート02(ビジネス文書形式)(ワード Word)
3. 研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート03(ビジネス文書形式)(ワード Word)
4. 研修報告書・セミナー報告書・講習会報告書(レポート・受講報告書) 書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート04(ビジネス文書形式)(ワード Word)
5. 会議参加報告書の書き方・例文・文例 フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート01(ビジネス文書形式)(ワード Word)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「研修・セミナー・講習会・見学・会議参加等の報告書・レポート―ビジネス文書形式」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー