依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)06(宛名が上)(日付が上)(別記が表形式) - [文書]テンプレートの無料ダウンロード

[文書]テンプレートの無料ダウンロード

エクセル(Excel)やワード(Word)で作成したビジネス文書・手紙・はがき等の書式・様式・フォーマットです。書き方の雛形(ひな形)・見本・サンプルや例文・文例としてご利用ください。

依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)06(宛名が上)(日付が上)(別記が表形式)



手紙形式(日付が上)(宛名が上)(別記が表形式)の依頼書・お願い文の書き方の見本・サンプル

お願い文・お願い文書・お願いの文章,依頼書,手紙形式,DOCX形式,宛名が上,別記が表形式,日付が上

本テンプレートは、ワードで作成した依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)・お願い文(お願い文書・お願い文章)の基本的な書き方の例です。

依頼書 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)(宛名が上)(別記が表形式)と同一系統のフォーマット・文章表現で、日付などの前付け部を文書の下部にもっていった、ビジネス向けのいわば手紙形式の様式です。

宛名の欄は文書の上にしています。こうした宛名を上にした書式も実際によく使用されています。私見ですが、宛名を上にすることで宛先への敬意を表しているものと思われます。

また、依頼(お願い)する具体的な内容を記載する別記を表形式にして文書の様式性も高めています。明記すべき事項を一覧表の形で整理することにより内容が視覚的に理解しやすくなります。

本テンプレートでは日付欄も文書の上にしていることが特色です。日付を上にするか下にするかは単に好みの問題かもしれませんが、日付を上にすることで事務的な文書の感じが若干強まる気がします。

ビジネス文書の基本的な書式テンプレートのひとつである手紙形式のビジネス文書の基本書式(宛名が上)(日付が上)(別記が表形式)をベースして作成したタイプです。

応用範囲は広く、さまざまな依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)・お願い文(お願い文書・お願い文章)で活用できます。当サイトでも本テンプレートをベースにして作成したものがあり、たとえば、次のようなものがあります。

(依頼書・お願い文の基本書式)協賛(協賛金)のお願い・依頼文(依頼書)の書き方・例文・文例 テンプレート(手紙形式)(ワード Word)03(宛名が上)(日付が上)(別記が表形式)

なお、別記の表については、行の高さや表・各列の幅の変更、行数・列数の変更(行・列の追加・削除)等を簡単に行うことができますので、実際にご使用になる状況やお好みなどにあわせて適宜調整してください。

たとえば、別記の行間を一括して変更するには表全体を選択したうえマウスの右クリックで表示されるコンテキストメニューから「表のプロパティ」を実行します。すると、「表のプロパティ」ダイアログが表示されますので、「行」タグを選択し、「高さを指定する」でお好みの数値を入力してください。

行数・列数についても同じくコンテキストメニューの「挿入」などにより簡単に変更できます。

また、列幅などはマウスドラッグ等により簡単に変更できます。

本テンプレートの記載項目はデフォルトでは以下のとおりです。

  • 件名・タイトル(「◯◯◯◯について(お願い)[◯◯◯◯のお願い]」
  • 日付
  • 宛名
  • 本文
  • 別記(表形式)
  • 前付け
    • 発信者

[]内は別表現を表しています。

上記項目のうち、本文の文面については以下のとおりにしています。

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は◯◯の事業[活動]にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます[平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます]。
さて、弊社では、…するため…を行っております。
つきましては、ご多用のところ誠に恐縮でございますが、下記要領にて…していただきたく、(ここに)お願い申し上げる次第で(ございま)す[…を賜りたく、(ここに)お願い申し上げます]。
まずは、(略儀ながら)書面をもちまして◯◯のお願いまで。

本文中の[]は別表現、()は省略可であることを表しています。

依頼書・お願い文の段落構成は、次のように考えるといいかと思います。

  1. 前文…通常のビジネス文書と同じです
  2. 主文①…「さて…」と書き始めて、協力等をお願いする事業・活動等の簡単な趣旨・目的等を記載します(つまり、お願いする理由付けの部分)
  3. 主文②…「つきましては…」と書き始めて、お願いをする内容を記載します。詳細は別記に明記します。
  4. 末文…前文と同様に定型的な文章を書いて締めます

こうした段落構成をきちんと意識したうえで文章を作成すれば、論旨が明快な文書になるのではないかと思います。

なお、段落構成の考え方については次のページなどを参考にしてください。

手紙―構成―便箋―書き方(手紙の書き方)

社外ビジネス文書の書き方・例文・文例 書式・フォーマット 雛形(ひな形) テンプレート04(基本形)(無料)(DOC形式)(ワード Word)

そして、依頼(お願い)する具体的な内容については、先述したように、別途、表形式の別記に見出し項目を立ててわかりやすいかたちで明記するスタイルにしてします。

これら本文の文章表現等につきましては、実際にご使用になる状況・必要性などにより、適宜、追加・修正・削除してください。

また、フォント・フォントサイズや改行キーによる余白調整、ページ余白などのデザイン・レイアウトその他フォーマットにつきましても、お好みにより変更・調整してください。

以上、手紙形式(日付が上)(宛名が上)(別記が表形式)の依頼書・お願い文の書き方のテンプレートは以下のリンク(「無料ダウンロード」)から入手できます。

では、依頼書・お願い文の見本・サンプル・ひな形・たたき台のひとつとしてご利用・ご参考にしてください。

無料ダウンロード(Office 2007~ ファイル形式)




カテゴリ内のコンテンツの一覧[全 10 ページ(カテゴリページは除く)]

現在のカテゴリ:「依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の基本書式・フォーマット(手紙形式)(ビジネス向け)(標準)」内のコンテンツは以下のとおりです。

1. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)01(別記が箇条書き形式)
2. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)02(別記が表形式)
3. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)03(宛名が上)(別記が箇条書き形式)
4. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)04(宛名が上)(別記が表形式)
5. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)05(宛名が上)(日付が上)(別記が箇条書き形式)
6. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)06(宛名が上)(日付が上)(別記が表形式)
7. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)07(宛名が一番上)(別記が箇条書き形式)
8. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)08(宛名が一番上)(別記が表形式)
9. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)09(宛名が一番上)(日付が上)(別記が箇条書き形式)
10. 依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の書き方・例文・文例 ひな形 テンプレート(基本)(横書き)(手紙形式)(ワード Word)(標準)10(宛名が一番上)(日付が上)(別記が表形式)



関連コンテンツ


現在のカテゴリ:「依頼書(依頼文・依頼文書・依頼状)の基本書式・フォーマット(手紙形式)(ビジネス向け)(標準)」のサイトにおける位置づけは以下のとおりです。

プリバシーポリシー